東京グラフィックサービス工業会 女性の会 レインボウ
 HOME > 年間行事報告 > 年間行事報告2009 > 7月勉強会〜金羊社・本社工場を見学〜
MENU メニュー
HOME
---
会長挨拶
---
会則
---
年間スケジュール
---
年間行事報告
---
入会・お問い合わせフォーム
---
サイトマップ

 

LINK リンク
社団法人 東京グラフィックサービス工業会
Get Adobe Shokwave Player
Get adobe Reader

 


年間行事報告
---
2009.8.6 更新

【7月勉強会 〜金羊社・本社工場を見学〜



東京グラフィックス女性の会レインボウは、7月1日(火)、勉強会を開催し、東京都大田区の(株)金羊社様を訪れ、徹底した5Sに基づく企業風土と、整備された本社工場、一階に拠点を置く活版印刷サービスを展開しているオールライト工房を見学しました。

見学会では、まず金羊社の浅野健社長から、経営課題への取り組みについて、これまでの経験談も含めて語られました。
それによると、企業活動のベースとなっているのが「5S(整理・整頓・掃除・清潔・精神)」で、経営ビジョンを元に全社が一丸となるためにもコミュニケーションする(相談する)ことが大切であること、顧客のために考え・相談・実行すること、伝統を伝え守ることなどをポイントに上げました。
また、経営理念をもとにほこり高い人間集団を目指した事業運営に取り組んでいるということでした。

浅野健社長

工場見学の前に、金羊社様のロゴマークについて、「円(¥)のマークをイメージしてしまいましたが…」と興味津々の質問に、「よく間違われます(笑)。羊とローラーをデザインしています」と、楽しいやり取りもありました。


工場見学では、四階に併設されているミュージックジャケットギャラリーにはじまり、三階の制作部門、二階の製版部門と協力会社の日報様(製版会社)、一階では大判インクジェットプリンタ「インカ」と、昨年五月の本社工場リニューアル後に導入したUVフレキソ印刷システムとなどを見学しました。
特に、二階の製版のエリアには、これまで同社が受注した膨大な量 のCDジャケットなどのフイルムが保管されており、廃盤にならないと処分されないということでした。
最近では再版するジャケットもあるなど、製版フイルムがデータベースとなっているということです。
一階のオールライト工房では、名刺や封筒など端物を中心に行っている活版印刷を見学しました。
主に活用しているのは、卓上サイズの小型の活版印刷機ですが、デザイン力と活版印刷の風合いが魅力的な印刷物が製作されていました。


このページのトップへ 年間行事報告へもどる HOMEにもどる

レインボウ ロゴマーク 東京グラフィックサービス工業会 女性の会 レインボウ Copyright(C) Rainbow rights reserved.